logo

Akira 原作

「AKIRA」は1982年から1990年にかけて講談社の漫画雑誌『 週刊ヤングマガジン 』にて連載され、1988年にアニメ化、ゲーム化され一大ブームを巻き起こしました。. たとえば僕は、かつての東急文化会館はよく利用していた。映画館はもちろん、ユーハイムや、上階の書店によく立ち寄った。五島プラネタリウムでは、コーネリアスの特殊撮影までやらせてもらった。しかしあの建物は、僕の知るかぎり、とくに理由がアナウンスされることもなく、ある日突然なくなった。そして長らく、サラ地のまま残っていた(あの状態をグラウンド・ゼロと呼んでいたのは中原昌也だ)。 東急文化会館は、およそ47年にわたって、あの地にあった。しかし僕には、100年どころか50年後に、いま新築の「これでもか」ビル群が、意気揚々と立っているという図というのは、ちょっと想像できない。すぐにでも、ポキポキ折れていきそうに思える。 『AKIRA』第3巻のクライマックスのように、大友克洋にしか描けない「大崩壊」が物理的に渋谷に訪れることはない、のかもしれない。だがしかし、あの巨大ビル群を埋め尽くすほど、賃料を払ってでもビジネスをおこないたい存在が、この先50年も絶えずいると考えることのほうが「どうかしてる」と、僕には思えるのだが。 なにしろ、その最初の起爆剤だかなんだかの予定だったオリンピックがこれでは. 年。原作の舞台でもあるこの年に『akira』の新アニメ化プロジェクトが発表された。詳細は明かされなかったが、現地取材に赴いたメディアに. その原作者・大友克洋氏自らが監督を務め、製作期間3年、総制作費10億円という、当時のアニメーションでは考えられないほどの時間と労力、そして最高のアニメーション技法を惜しげもなく費やし、1988年に世界的劇場アニメーション「akira」が誕生しまし. 「AKIRA」の原作漫画を知っている方に質問です。 akira 原作 先日、「AKIRA」というアニメ映画を借りて見ました。世界観が本当にすばらしく、エヴァや攻殻機動隊などの近年のSF漫画に影響を与えたという話もうなずけるほどのクオリティで感動しました。しかしクライマックスでは鉄雄と三人の子供たち.

AKIRAに登場するもがき苦しむ10代の若者たちの姿は、それまで漫画にはそれほど興味を示さなかった同世代の読者の心を捉え、作品は大ヒットした。全6巻の単行本は各巻が50万部以上を売り上げ、作者の大友は映画をつくるチャンスを与えられる。そして大友は、自分がすべての決定権を握ることを条件に、アニメ化に取り組むことを承諾した。 完成したアニメ映画は業界の記録を塗り替える興行成績を上げ、欧米でもカルト的な人気を得た。アニメーションの世界では1990年代に一連のディズニー作品が大成功を収めているが、AKIRAはその先駆けとなる『リトル・マーメイド』(1989年)が公開される直前に世の中に登場した。そして、すぐさま「ジャパニメーション」として知られる日本製アニメの代名詞となったのだ。 ジャパニメーションは大人向けの要素が強く、闇や暴力が描かれる。クリストファー・ノーランの『インセプション』やNetflixのドラマ『ストレンジャー・シングス』、カニエ・ウェストの「Stronger」のミュージックヴィデオなどは、すべてAKIRAから強い影響を受けている。 関連記事:Netflixの新作群に、世界で熱狂的に支持される日本の「オタクカルチャー」の真価を見た AKIRAを初めて観たときに受ける印象は、素晴らしいがまとまりを欠いているというものだろう。大友自身もそう考えていたようで、『Forbes』との年のインタヴューで「最初の試写を観たときは、これは失敗だなと思った」と語っている。「前半はいいんだが、予算や時間が限られていたし、セルの数も多かったから、途中からクオリティーががくんと落ちるんだ。それを観ていると惨めな気持ちになったよ」 ただ、映画は独特の空気感を創造することには成功した。ネオ東京はディストピア的な不正が横行する都市で、巨大な生き物のように感じられる。ただ、単行本にして6巻、全体で2,300ページの漫画を2時間にまとめあげるためには、原作のプロットとキャラクターを矮小化せざるをえなかった。本筋から外れる部分はカットされ、登場人物も単純化されている。. 「100年に一度」の掛け声のもと再開発が進む同地区の坂の上のほう、昨年グランド・オープンした新生渋谷パルコが工事中だったころをご記憶だろうか? 工事現場のまわりを取り囲む板塀には、なんと『AKIRA』のページの数々が転写されていた。そしてパルコのオープニングには、『AKIRA』関連の展覧会もおこなわれた。 さらに、パルコも協賛する一大「再開発」プロジェクトの愛称が「HELLO neo SHIBUYA」なのだ。この名称を耳にして、目にして、「ネオ東京」を思い出さない『AKIRA』ファンは、ただのひとりもいないだろう。 ゆえに僕は、首をかしげざるを得ない。このプロジェクトにかかわる人々は、企業は、そして後援の渋谷区は、わざわざビルをおっ立てた上で、新型爆弾による「大崩壊」を待ち望んでいるのか? それともなにか「深い意図」でも、あるのか?. 中村龍彦 ナンバーズの1人で、鉄雄の超能力のきっかけとなった男の子。 念力やテレパシーを使う。 研究所から脱走して鉄雄と事故を起こし、その後マサルに説得されて研究所に戻った。 com) キヨコ(25号). See full list on renote. サンライズは「機動戦士ガンダム」シリーズや「カウボーイビバップ」、「コードギアス 反逆のルルーシュ」などの有名作品を生み出した歴史あるアニメ制作会社だ。一方、大友は今回の決断によって、大きな苦労を背負い込む覚悟をしなければならないだろう。 デニソンは「大友が完成させたアニメ作品の数は限られています」と指摘する。「『AKIRA』や『スチームボーイ』のほかには、カップヌードルの広告キャンペーンに使われた『FREEDOM-PROJECT』などがあり、こちらは『FREEDOM』というSFアニメになってDVD化もされています」 AKIRAの新アニメ化プロジェクトによってオリジナルの伝説が損なわれることを恐れるAKIRAファンもいるかもしれない。しかし、壮大で複雑かつ幅広いテーマが含まれる原作漫画が作者自身の手によって新たに組み立て直されることを考えれば、期待は高まるはずだ。. 伊藤福恵 ナンバーズの1人。 未来予知、他人の意識の乗っ取り、テレパシーが主な能力。 体が悪いのか、基本はベッドに寝たきり。 jp) マサル(27号). ごく当たり前に、こうした観念が大前提として、『AKIRA』のなかには横たわっていたのだと僕は考える。では同作における「一発目」の新型爆弾の炸裂、これを作品後の現実世界に置き直してみた場合、なにを指すのか? 僕はバブル崩壊が正解だと考える。 「それまで」の日本は、戦後復興の長い道のりの途上だっただけなのに「すでに復興は成った」と誤解したあげくに、繁栄の日本が「このままずっと続く」などと思い込むのが主流だった。しかし冷戦が終わり、ハシゴが外された途端、今日にまで続く泥沼のなかへと、成す術もなく沈降していった。むかし「政治は三流、経済一流」とうそぶいていた国が(本当にそう言っていたのだが)、どっちも三流(か、政治は五流かもしれない)となって長い。 なのに「またオリンピック」なのだから、あきれるほかない。「二発目」が炸裂することを予想しないほうが、どうかしている。「一発目」のバブル崩壊に匹敵するものが、すぐ眼前にあると考えるほうが、常識的だろう。 さらに、これが考えすぎであることを祈りたいのだが.

年頃よりアメリカの俳優レオナルド・ディカプリオがプロデューサーとなり、年夏の公開に向けて実写化の企画が進行していた。しかし、同年夏頃には監督の降板や製作が難航している状態と、企画そのものが暗礁に乗り上げているとの報道が伝えられた。 だが年に入ってから、映画「アイアンマン」の脚本家チームと、新たな監督の起用に向けての交渉が進んでいることが分かり、少しずつではあるが実写化に向けて製作が進んでいるらしい。レオナルド・ディカプリオは筋金入りの「AKIRA」ファンであるそうだが、本編には出演しないと発表している。原作に忠実な映画にするため、全6巻のシリーズを3巻ずつに分けて、各2時間ずつの2部作で製作するという。 年5月、ワーナーブラザーズが年5月21日に全米公開することを発表した。が、年7月、ワーナーブラザーズが脚本に懸念要素があるとしてクランクインを延期し、さらに監督を予定していたタイカ・ワイティティが別映画の監督を優先したことで再び公開時期が未定となってしまった。. やがて覚醒した鉄雄とアキラの巨大な力が融合し大きな渦となる。 その渦の中で金田はかつての孤独だった鉄雄の幼少期のビジョンの中をさまよう。あの時手を差し伸べていたら、鉄雄との友情をやり直したい、鉄雄の手を取ろうとする金田の耳にケイの呼び声が届く。 金田は鉄雄に別れを告げ、ケイの手を取り、現実の世界へ戻るのだった。. といった形での「都市機能の崩壊」ならば、無理なく想像できることだ。いや、いますぐにでも起こりそうだ。. . 1982年12月6日、日本に新型爆弾が投下され、その直後第三次世界大戦が勃発し世界は荒廃してしまう。この世界大戦の後に東京湾上に超高層ビルが林立するメガロポリス「ネオ東京」が建設される。 年。旧市街に繋がるハイウェイを、職業訓練校に通う少年金田正太郎率いる暴走族が疾走していた。 その最中、暴走族の一人島鉄雄が老人のような少年タカシと衝突事故を起こし重傷を負う。すぐさま現れた警察官のような人物により鉄雄は病院へと運ばれるが、その後行方不明になってしまう。 しばらくして金田達の前に姿を現した鉄雄は以前と様子が変わっていた。鉄雄は超能力者であるタカシの力に触れたため、自らも超能力に目覚めてしまったのだ。そして自らの劣等感を埋めるかのように、超能力の虜となり、さらに凶暴化していく。 大人しかった鉄雄が一変したことに戸惑いを隠せない幼馴染の金田。彼は反政府ゲリラの少女ケイなどと共に鉄雄を追うが、その力はネオ東京をも混乱に陥れる。そんな中金田は、30年前に世界を破滅に導いたのは新型爆弾ではなく、一人の少年、「アキラ」の力に因るものであることを知る. 絵は間違いなく原作より格好良かったけど 映画って話結構ひどくなかった? akira 原作 尺の都合で切るのは仕方がないにしても原作と比べると改悪してる部分多くて普通につまんなかった akira 原作 akiraもなかったことにされてるし ちょっと神格化されすぎな気がするなあれ. この「新型爆弾」とは、一体なんのメタファーなのか?というと、原子爆弾ととらえるのが普通だ。第二次大戦末期、いつまでも降伏しない大日本帝国に対して投下された「一発で都市ひとつを壊滅させる」核兵器のことを、当時の軍部が呼んだ名称が「新型爆弾」だった。そして、1945年8月6日に広島に投下されたあと、同9日に長崎に投下される。この二度目の投下後に、天皇はポツダム宣言の受諾を決意。日本は敗戦する。 一発ではなく、二発も「食らってしまう」というところが、同じだ。一度では「止まらずに」、たとえば戦中ならば、米軍が空中散布したビラなどで「警告」していたにもかかわらず、そのままの日々を過ごして.

神藤一弘 ナンバーズの1人。 念力や透視能力、テレパシーの能力を持つ。 足が悪いのか、カプセル式の車いすに座り念力で動かして移動する。 論理的で冷静な性格で、いつもスーツを身に着けている。 jp) 竜作. 長い原作を短く切り詰めながら、 「これがなければakiraじゃない! 」という要素 をしっかり切らずに入れ込んでいるのはさすがです。 映画版の脚本は、本当に考え抜かれていると思います。. 『AKIRA』の凄さはまず、日本アニメとしては異例の巨額な制作費を投じ、日本中から一線級のスタッフを集めて制作された緻密な作画。大友監督は、漫画においても驚異的なデッサン力でリアル志向の画を追求しましたが、その自身の画をアニメでも再現することを求め、動きもとことんリアルにこだわったのです。 『AKIRA』の作画は、「2コマ打ち」を基本として製作されています。「コマ打ち」とは、1秒間24フレームの中で、同じフレームを何コマ表示するのかを示したもの。日本の一般的なアニメは、基本的に「3コマ打ち」が描かれることが多いのですが、これは同じ画を3フレームに渡って使っているということを示しています。 同じ画が続くフレームが多ければ多いほど動きは制限され、少なければ少ないほどなめらかな動きを描けるわけですが、それだけ描かなければならない画の枚数は増えることになります。大友監督は、よりリアルな動きを追求するため「2コマ打ち」に挑戦し、人体の細かな動作を再現し、動きによって感情を表現しているのです。結果として、作画枚数が約15万枚と破格の作画枚数となりました。(注:3コマ打ちが必ずしもなめらかな動きを作れないわけではなく、今日ではコマ打ちの枚数それぞれの特性が生かされ、様々なアニメで自然に見える動きが追求されています。また一つのアニメ作品の中でシーンによって様々な効果を狙ってコマ打ちの数を変えることもあります。) 『AKIRA』の動きの緻密さが端的に見て取れるのはキャラクターの口の動き。一般的な日本のアニメでは、口の形は3種類程度ですが、本作では人間の口の動きをリアルに再現するため7種類に描き分けられており、セリフとのリップシンクも精密に作られているのです。また声優の声の芝居を先に収録し、その芝居に合わせて作画してゆく「プレスコ」方式を採用したことも日本のアニメとしては珍しいことでした。 こうしたかつてない挑戦のために集められた作画メンバーは、作画監督のなかむらたかし、作監補の森本晃司、原画に金田伊功、福島敦子、井上俊之、沖浦啓之、故・木上益治さんなど、超一流のスタッフばかり。大友監督のハイレベルなデッサンの画を緻密に動かすために研鑽(けんさん)し、その後の日本アニメを支える人材を数多く輩出しています。 また、リアリティーへのこだわりはレイアウトにも表れています。広角レンズや望. 漫画作品一覧 4. 『akira』は大友克洋さんによる漫画版、そして同じく大友さんが監督・脚本を務めた劇場版アニメが存在します。 作品の舞台や登場キャラクターなどはほとんど同じですが、このまとめでは原作である漫画版についての概要やあらすじを解説していきます。. 劇場版ではストーリーの大幅な圧縮が有るが(公開当時は原作が完結していなかったため)、導入部や個々のシーンに関しては原作と大体同じである。 原作との変更点は以下の通り。 1. ネオ東京崩壊後に甲斐はジョーカーら暴走族グループの生き残りたちと合流していた。 甲斐はその一団に金田を会わせ合流。鉄雄に落とし前をつけよう、という思いをお互いに確かめあう。 一方ケイは、超能力を媒介する能力(触媒の力)を見出され、キヨコ・マサル・ミヤコの力を束ねて鉄雄の力をアキラにぶつけるよう誘導しアキラをこの世から抹殺するというミヤコらの計画に乗ることを決心しようとしていた。 敷島大佐は独自にSOLを使って鉄雄とアキラを抹殺しようと追い、工作員ジョージは生物兵器を使って鉄雄を葬ろうとしていた。 大東京帝国が被災民の統率を図るため行った集会で、鉄雄は月の一部を崩壊させる力を見せつける。 月の一部が崩壊したことにより地球の潮流に影響が出始める。混乱の中、ケイはミヤコの計画に乗り自らの命を投げうってでも鉄雄とアキラを止めることを決意する。 その意思を固め、精神集中と共により「触媒」としての力を高めるため、身体を清める等の形式的な禊を行う。しかし金田はそれを全力で止める。 鉄雄を止めるのは自分.

舞台は年。 1982年に関東地方に「新型爆弾」が炸裂し、東京は完全に崩壊してしまう。それをきっかけに世界大戦が勃発し、世界は荒廃していった。 その後、東京湾上に新たな都市「ネオ東京」を建設し、首都機能はそちらへ移行した。 akira 原作 繁栄するネオ東京においても反政府ゲリラと軍は敵対し合い、デモ隊と警察は日々衝突しあっており決して平和で治安のよい状態とは言えなかった。 職業訓練校に通う青年・金田は暴走族グループのリーダーを務めており、友人の山形や甲斐、そして親友でもある鉄雄と共にバイクに乗り暴走行為をしていた。 ある日、閉鎖されている旧市街(爆心地である東京)へと向かうため遺棄されたハイウェイを走る金田たちの前に、白髪の少年が突然姿を現した。 この白髪の少年こそが、軍の極秘機関「超能力研究機関」から反政府ゲリラのメンバーによって連れ出された超能力者の一人、タカシ(26号)だった。 突然鉄雄の乗るバイクの目の前に姿を現したタカシを避けきれず、衝突し重傷を負ってしまう。鉄雄とタカシは駆けつけた軍(アーミー)により入院させられるのだが、この事故をきっかけに鉄雄の中に超能力が覚醒する。 退院後の鉄雄はまるで人が変わったように高圧的で乱暴になり、以前のような大人しい様子は一切なくなってしまっていた。 超能力に目覚めた鉄雄を「研究材料」として取り込みたい軍と、その鉄雄にただならぬ影響を与えている金田を捉えるため軍が動き出すが、その中で金田は反政府ゲリラメンバーである竜とケイに出会い、一時的に協力関係となった。 鉄雄は自分の中に目覚めた超能力を自覚すると、今まで内向的な性格ゆえに何かと金田に上から目線でモノを言われていたことに対する不満や鬱憤が爆発し、自分の力を見せ付け金田を屈服させることを考えた。 その第一歩として金田たちと敵対する暴走族グループ「クラウン」のジョーカーを屈服させ、自らがリーダーの座についた。それからクラウンの所持するドラッグ(薬物)を過剰に使用しながら超能力を使い、他の暴走族グループのメンバーを襲撃した。 その事実を知った金田は周辺の暴走族グループと協力し合い、鉄雄を含めクラウンを倒すことを決意する。 クラウンの下っ端の襲撃に次々と成功する金田たちだったが、最終的に鉄雄の超能力の前に惨敗してしまう。 鉄雄と対峙した山形は超能力により惨殺され、激情に駆られた金田. 軍によって金田、鉄雄、ケイは敷島大佐により軍の研究機関「ラボ」に連行される。 この「ラボ」には、鉄雄と衝突事故を起こしたタカシをはじめとした、「ナンバーズ」と呼ばれる超能力を持った者たち(キヨコ(25号)とマサル(27号))が住んでいた。 彼らは軍が以前から極秘に研究してきた、超能力を開発・育成された子供たちの生き残りである。多くの子供たちが実験の途中段階で命を落とす中最終的に生き残った数少ないメンバーである。 鉄雄は薬物を投与されながら様々な実験と研究により徐々に能力を開花させていった。その中で、研究者たちの口から聞かされた「アキラ」と呼ばれる存在に興味を持ち始めた。 アキラ(28号)というのはかつて「ナンバーズ」の仲間として共に過ごしていたのだが、軍が30年以上にわたり巨額の資金を投じて封印し続けている謎の存在であった。 予知能力を持つキヨコは、アキラが間もなく目覚めることとネオ東京が崩壊することを予知するのだった。この時、アキラに強い関心を抱いていた鉄雄がアキラ覚醒の鍵を握ることを察していたキヨコは、自らの超能力でケイを操り鉄雄を殺害しようと試みるが、鉄雄の超能力が思った以上に強かったため逃げられてしまった。 この時ナンバーズの三人は、ケイに「超能力を媒介させる能力」に秀でていることを見出す。 鉄雄はラボを脱走し、軍研究施設に封印されていたアキラのもとへ行く。 絶対零度に封印されていたアキラは鉄雄の力に共鳴し、覚醒してしまう。 アキラ覚醒に取り乱した敷島大佐をはじめとする軍関係者はネオ東京に第七級警報(非常事態宣言)を発令し、軍事衛星「SOL」を使って鉄雄とアキラを攻撃しようと試みる。 しかし鉄雄は片腕を失ったってだけで、そのまま行方不明になってしまう。「SOL」の攻撃の中、意識を失い倒れていたアキラを金田とケイが発見し保護、そのままゲリラメンバーの一人であるチヨコの家へとかくまうことにした。 爆心地の地下にあった軍研究施設、その中に絶対零度で封印されていたアキラ。 東京を無に帰した新型爆弾は実はアキラの力だったことを金田らは知ることになった。 ケイたちはゲリラの支援者である野党政治家・根津の元へアキラを引き渡すが、根津は自らの政治的権力を勝ち得るためアキラを個人的に利用すべく、根津を支援していたミヤコやゲリラメンバーも裏切ってしまう。しかし生き延びた竜. 楽天市場-「akira コミック 全巻」152件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。.

. では、『AKIRA』における重要な事象のいくつかをメタファーとして見立て、「オリンピックつながり」で現実世界と対比しながら観察していこう。 まず同作において、我々が知っている東京は1982年に「新型爆弾」によって破滅する。なにもかもが「ふっ飛んで」大きな穴ぼこになってしまう。そこから勃発した第三次世界大戦が終結後に復興した「ネオ東京」――ビル群が密生する未来的な都市――において「復興の象徴」としての東京オリンピックが開催されようとしている。まさにその「開催直前」の年から『AKIRA』のストーリーは始まる。 しかし前述のとおり、オリンピックどころか、ネオ東京そのものが崩壊してしまう。その理由は「新型爆弾」――と公式には報道されていた、おそるべき「力」――が、意図せずしてふたたび解放されてしまうからだ。 このすさまじい「大破壊」シーンは、単行本オリジナル版の第3巻に収録されている。神に愛された天才としか言いようがない、大友克洋の至高の描写力によって、大胆に、また同時に微に入り細に入り、絶妙のリズムでもって「ぶち壊されていく」ネオ東京の最後の光景は、一度見たら生涯忘れ得なくて当然の凄絶なインパクトだ。. More Akira 原作 images. com) 本作の重要な登場人物に、青白く老け顔の子どもたちが何人か登場します。. See full list on wired. この作品には、「さんをつけろよデコ助野郎」(劇場版のみ)や「俺達ァ健康優良不良少年だぜ」「ピーキーすぎてお前には無理だよ」といった独特な台詞や、鉄雄やアキラ、ケイ達が繰り広げる超能力を駆使した戦闘シーンといった魅力が沢山ある。これらに加えて劇場版で目を見張るのは、雰囲気とマッチした芸能山城組の音楽と──中でも特筆すべきなのが──金田のバイクである。あの魅力的なボディ、ありえないバック走行など、バイク乗りにはたまらない物である。 以下の引用動画を見て頂ければ、作画・音楽・台詞回しや金田のバイクなど、AKIRAの素晴らしさが分かるであろう。 バイクのテールランプの残像はすごかった. 二度目の爆弾を食らう。これが「日本の特徴だ」というのが、『AKIRA』における新型爆弾が暗喩するものの正体だと僕は考える。 大友克洋が意識的にそう描写したのかどうかは、さして重要ではない。クリエイターの洞察力と直感的知性の反映として、作った本人ですら想像しなかったような「意味」を、作品上に生じさせてしまうことは、よくあるものだ。往々にしてそれは、「表の意味」の奥にあるもの、つまりメタファーとして、受け手の内部で発酵していくことになる。そこの部分の話を、僕はしている。「読み」の話だ。 ときどき僕は「引き延ばされた3日間」という比喩を使う。8月7日から、9日までの「3日間」だ。たとえば、いま日本の原発はすべて廃棄されていない。その予定もない。あれほどの事故があっても「止まらない」のは、あれが「一発目」だったからだ。次に「もう一発」あれば、きっと止まる。つまり、いま僕らが過ごしている日常というのは「一発目と二発目のあいだ」の3日間が引き延ばされただけの、暫定的な「生の時間」にすぎない。なぜならばいずれ、間違いなく「二発目」はあるのだから.

芸能山城組 3. 中止なのか、延期という名目で時間を稼いでからの中止なのか、それとも――いずれにせよ、コロナ禍のもと日々暗雲が色濃くなる東京オリンピック開催。そんな昨今、大友克洋の名作漫画『AKIRA(アキラ)』(82年に連載開始)の作中にあった、予言めいた記述と、目の前の現実との「奇妙な符号」に注目が集まっている。 といっても、例のあの立て看板の話ではない。同作中に登場した看板、東京オリンピックについて「中止だ中止」と落書きされたアレを京都大学の学生らが立て看板で再現して提示し、話題となった件のことを僕は言っているわけではない。原作漫画版の『AKIRA』には、予言的な箇所がいくつもあったからだ(88年のアニメ映画版にも同様のシーンはあったのだが、本来的なストーリー解釈という観点から、以下、この稿では特記なき場合はすべて漫画版について述べる)。 オリンピックよりも、もっと大きな「予言」が、同作のなかにはある。「東京が壊滅してしまう」という予言だ。. 米国でも根強い人気を誇る『AKIRA』原作者の大友克洋氏。写真は米ロサンゼルスで7月開催のAnime Expo 会場(筆者提供). Chapter4 『AKIRA』は少年達に贈られたセンチメンタルな夢物語 ※独断と偏見 想像が含まれますことをご了承ください 原作を読んでおらず、解釈や内容が不十分でありますことをご了承ください. AKIRAに匹敵する様な壮大なストーリーの映画があれば 教えて下さい! アニメにはこだわりません。 もうひとつ聞きたいのは、AKIRAは原作も読むべきですか? 原作を読まずしてAKIRAを語ってはいけませんか?. 現実世界の、いま現在の東京で「オリンピックが中止になろうとしている」のだったら、大崩壊だって「起こる可能性がある」んじゃないか?――というのが「AKIRAの予言」のおおよその概略だ。 もっとも、ここの「大崩壊」とは、作中にて描写された物理的な都市破壊のみを指すわけではない。メタファー(暗喩)として、とらえることも可能だ。 たとえば、コロナ禍の延長線上における危機は、いままさに現在進行形だ。これが経済的崩壊に結びつく可能性は高い。つまり大不況、地価暴落、東京から人がいなくなる.